言の葉の舟 四海を行く

家族と自然と人の心を愛する心筆家のブログ

「本棚の中身」

そこには 欲望が並ぶ

なりたかった未来と

憧れた誰かが

背表紙をこちらに向けて

映し鏡となり道標を示す

 

そこには 忘れ去られたように

諦めた道と

行かなかった先の風景が残る

手放したはずのいろいろの上に

今の自分が立ち続けている不思議

 

そこには

求め続けた母親像が並ぶ

巷に溢れる常識を超えたくて

母心のものさしを探し求めた

それはいつしか私自身の軸になる

 

そこには

家族の成長の足跡がある

共有し 一緒になって読み耽った

金平糖のように

一つ一つが楽しく甘い思い出

 

そこには 

一度も手に取っていない

興味のないものも並ぶ

自分にとって意味を見出せないものもまた

自分の一部である

 

本棚には

人生が並ぶ

壁面の端から目を追っていくと

エンドロールのように

私の内と外を過ぎて行った者たちの

文字が流れていく

 

私たちの本棚には

過去と今と未来が並ぶ

一冊の本が「おわり」でくくられても

その先は

まだまだ つづく

 

 

【20220616】