言の葉の舟 四海を行く

家族と自然と人の心を愛する心筆家のブログ

「十五歳の今日」

 

この空の向こうに何がある

遠くを見つめてみるけれど

僕の世界が狭く見えるだけ


この道の先に何がある

終わりが見えない道を目指すほど

僕には勇気が足りていない


今日の次に何がある

大人たちは明日があると言うけれど

僕の今日の次はやはり今日


希望の明日なんて

いつまで経っても

辿り着けそうにない気がしてる


それでも生きてみなきゃ

空の広さと道の果てに何があるのか

わからない


別に知りたきゃないけれど

今日とは違う一日が

来るとしたなら感じてみたい


また明日ねって

あいつが

金色の夕日を背負って

僕に手を振るから

 

 

 

【20220422】