言の葉の舟 四海を行く

家族と自然と人の心を愛する心筆家のブログ

「こころ座る場所」

 

都大路を外れた古寺

古の人の息遣い

 

庭の木々を

手入れの行き届いた

長い廊下に映し

 

輝くばかりの 緑を浸ませ

空と雲の上に 緑を載せる

 

衣擦れの音が

板間に佇み

 

細い会話が

畳に織られる

 

世情が違い

手に取るものは

かけ離れているはずなのに

 

求めるものの芯は

変わらず

 

平穏と静けさ

そして

大切なものが受け継がれていくこと

 

雑多な日々を

都大路の賑わいとすれば

望む場所は古寺

 

懐かしいところに 帰り

こころ座る

 

 

【20201004】