言の葉の舟 四海を行く

家族と自然と人の心を愛する心筆家のブログ

「花を咲かせて」

 

私は野の草だった


花を咲かせるのかも

咲かせないのかも

わからない


ただ

咲きたいと思う

野の草だった


なんの花でもよかった

咲きたいと願った

 


ある日

一人の詩人が


私を

詩の花壇に植え替えた


そこは言葉の土壌がふかふかで

雨や雷さえも心地よい

 

燦々と

時は紙を埋めていき


私の細胞を

奮い立たせ

成長点を刺激する

 


私は野の草なのだ

ただ 咲きたいと夢見た草なのだ


私はつぽみをつけて

詩人に

咲いた花を見せたい

草なのだ

 

どんな花でも咲かせる

草なのだ

 

 

 

【20220920】