詩集「言の葉の舟」

家族と自然と人の心を愛する心筆家のブログ詩集

「静かな時間」

 

街の音がない

朝の時間

 

いってらっしゃいの言葉で送り

空を見上げる

 

明け出る

光の兆し

 

裏山の巣から

囀りの響き

 

どこからか漂う

わずかな金木犀の残り香

 

見えないけれど

そこにある新月

 

見えない物から発する

透き通る気配が

 

攪拌されている私の中の

濁った浮遊物を

 

沈殿させ

静まる音がする

 

しんと鎮まる

静寂の音がする

 

五感をくすぐる気配が

私の中に積もり

 

白く積もった

雪の上を行くように

 

静かな時間の

足跡を残していく

 

 

 

【20221024】