言の葉の舟 四海を行く

家族と自然と人の心を愛する心筆家のブログ

「庭に咲く白い花」

 

太陽の光が強く届く

美しい海は友であり

風が懐かしい思い出を運ぶ

 

そんな南の島で 余生を生きるおじい

子にとってそこは帰る所で

孫にとっては訪れる場所

 

男三世代 生活の密度の差は広がり

時間の流れる速さや 愛情の方向も違い

まるでかみ合わない違う世界を生きているが

時々 風と光と海が静寂の上に同時に休むように

心が通う

 

ある年の暮

おじいのごつごつした手が

1年かけて育てた金柑の実を

孫があっという間に収穫して箱に詰め

届いたそれを 子が1日かけてジャムへと仕上げた

 

ビンに詰められたジャムは 

オレンジ色の夕陽がにじみ

家族の記憶が甘酸っぱく香る

 

それからしばらくして 子は金柑の苗を買い

受け継いだ命の表札を立てる様に 自分の庭に植えた

 

今 つなぎたい軌跡が

白い花の形で ぽつりぽつりと咲いている

南の島と同じ花を咲かせて

おじいからつながる

 

 

 

【20220723】